鬱症状をしっかりcheck【医師とのコミュニケーションが重要】

友達

気分障害を克服する

男性

どのような状態か

鬱病は多くの場合精神的なストレスやショックを引き金にして発病します。人間関係の中でイジメを受けたり大切な人と死別してしまった場合、人は鬱病にかかってしまうのです。また中には長期に渡る睡眠不足から鬱を発症してしまう人も存在しています。鬱病を発病する場合初期症状が現れるのが一般的です。有名な症状では気分が落ち込んだり絶望感に支配されるなど、精神的な症状が現れます。こうした症状は「一般的」と言ってしまえばそれまでですが、気力が起こらないと言う状態が悪化すれば起床できなくなったり、自ら立ち上がれなくなる場合もあるのです。また日常生活を阻害する症状としては健忘症状が現れます。今まで行っていた家事の手順が分からなくなったり、ついさっきまで行おうとしていた事を忘れてしまうなど様々な記憶の混乱が発生します。事態がここまで進行した場合仕事も手につかなくなりますので休職や退職を考えるのが一般的です。お金をもらいながら欝病治療を受けたい場合、傷病手当の申請などを行なう事が可能です。

相談の注意点

鬱症状が発生した人は自殺に進まないためにもできるだけ家族や友人と連携しつつ治療を進める事が大切です。一方で、鬱の中でも際立った症状である気分障害が発生している場合、ネガティブな感情から身近な人達を傷つけたり同じ鬱病にしてしまう事がありますので注意が必要です。周りの人達と協力しながら鬱症状を軽減させたい場合、必ず全員で鬱に関する知識を深めておくようにしましょう。よく言われている注意事項の中に、鬱病を抱えている患者さんに「頑張って」と言う言葉は禁句であると言う事が存在しています。健康な人であれば励まされる一言が鬱症状に悩んでいる人の精神を追い込む事もありますので注意しましょう。また自分自身の状態のせいで大切な人達を精神的に追い込んでいると感じた場合、カウンセリングを行なってくれる病院や専門的なカウンセラーの下に足を運ぶと良いでしょう。こうした場所であれば専門家が揃っていますから、いくらでも胸の内を話す事ができます。特に深刻な生い立ちやトラウマを抱えている人であれば周囲に人達にそれを克服しても適切な助言が得られませんので注意したいポイントです。