鬱症状をしっかりcheck【医師とのコミュニケーションが重要】

友達

心の病気と闘う

カウンセリング

誰にでもあり得る病気

現代では昔と違って、その多い病気も変わってきました。食生活や社会生活が変わってきた中で、その生活習慣やストレスによって昔の人はならなかったような病気にかかることがあります。鬱もその一つと言えます。昔からなかったかと言われればそうではなく、昔は鬱というものが病気として認められていなかったのです。鬱などというものは、心が弱いからであるとか耐えることが足りていないなど、その人自身に問題があるとされてきました。そのため、鬱は病気であるにも関わらず、その症状がでていても多くの人が治療するというところまで至らなかったのです。鬱の症状は自分自身でも知らないうちに進行していることが多いため、それも鬱の症状を悪化させる要因の一つと言えます。一旦症状が出だすと、完治するまでにかなり時間を要します。精神的な病気の怖さはそこにあり、完治したということが目に見えては分からないのです。そのため、鬱の症状が再発をしてしまうことも良くあることで、長い間苦しんでいる人も少なくないのです。

具体的な内容は

鬱の具体的な症状は、いくつかあります。自分自身で気づくことが難しいため、周りの人の理解があるということも大切になります。まず一つ目が、やる気がでないということです。ただ単にやる気がでないということだけではなく、何かをしようとしても体が動かない、泣き止めないなどの症状がでます。自分自身でコントロールしようとすればするほどその症状が悪化する可能性もあります。このような状態になってしまった自分自身のことを追い詰めてしまうこともあるからです。鬱になりやすい人の特徴としては、まじめで完璧主義な人に多いと言われています。それはこのような状態に陥った時に自分のことを不甲斐ないと思ってしまい、そのまじめさでさらに症状を悪化させるということがあるからです。二つ目が自分の見た目を気にしなくなるということです。正確に言えば気にならなくなるのです。意識しようとしても、気持ちがついていかず他のことで頭がいっぱいになることが多くなります。鬱を治すには周りの人の協力も何より必要です。