鬱症状をしっかりcheck【医師とのコミュニケーションが重要】

友達

正しい知識と理解を深める

女性看護師

気分障害だけじゃない

プチ鬱と言う言葉の流行が象徴しているように、鬱症状は多かれ少なかれ多様な人達が経験しているものです。こうした場合の鬱症状とは言わば気分障害であり、精神的に落ち込んだり物事へのやる気を失うような症状を指します。一方鬱病は気分的な症状以外にも様々な病状を発生させますので正しい知識を身につけておきましょう。鬱病における有名な症状と言えば、睡眠障害が挙げられます。眠いのに眠れなかったり、そもそも眠くならなかったりと多様な症状が発生するのです。もちろん長きに渡って十分な睡眠をとらなければ身体から精神まで多様な打撃を被りますので注意が必要です。他にも日常生活を送る上で困る症状と言えば集中力の欠如や健忘症状が挙げられます。こうした症状のせいで以前はできていた簡単な家事が行えなくなったり、職務で数多くのミスを犯してしまう場合があるのです。このような症状が現れた場合必ず病院に通って適切な治療を受けるようにしましょう。また鬱病では幻覚や幻聴が発生する場合もありますので注意が必要です。

家族と繋がる大切さ

鬱病症状において最も危険な事と言えば自殺が挙げられます。死と言う最悪の事態を防ぐためには、どのような形で治療を進めた方が良いのでしょうか。まず希死念虜の強い人は自分の周囲に自殺を遂行させる道具を置かないようにしましょう。包丁やロープは撤去し、料理のためには切れ味の悪い子供用包丁などを準備すれば最適です。また何より鬱病を抱えた人を死から救い出すのは家族の協力です。家族が日常的に声をかけてくれれば万が一の事態が発生していた時でも即座に病院に運んでもらえますし、最終的に死を決断するまで至らない場合があるのです。また鬱病を抱えている人は治療を義務化しないように注意しましょう。仕事や周囲の目があればできるだけ早く病を克服したいと望むものですが、「頑張る」事は鬱病にかかっている方にとって大変負担が大きいものです。特に症状が好転から悪化してしまった場合絶望感が大きくなりますから、治療は長い目で見て行なうようにしましょう。鬱病から脱却するためにはできるだけ前向きになろうと努力するものですが、時には感情に任せて落ち込む事も大切です。