鬱症状をしっかりcheck【医師とのコミュニケーションが重要】

友達

適切な治療を考える

男性

初期段階を見逃さない

うつ病の治療は早期に開始するほど治療が早まりますし、完治の確率も上昇します。一方鬱病で現れる症状は自律神経失調症や疲労で現れる症状と似通っていますから注意が必要です。鬱の初期に現れる症状にはどのようなものがあるのでしょうか。例えば鬱病の初期症状として有名なのが睡眠と食欲における障害です。眠いのに眠れなかったり睡眠が断続的になったりと、目に見えて不眠症状が現れるのが特徴的です。他にも食欲が低下しいつもより食事がとれなくなったり、食事の意欲が失われてしまいます。他にも良く挙げられるのが気分障害です。絶望感や後ろ向きな感情に支配されるだけでなく、物事への関心が薄れたりやる気が起きないなど多様な症状が発生します。こうした症状はうつ病に罹らなくても多くの人達が経験するものですが、長期に渡ってこのような状態に悩まされたり死を考える場合鬱病を疑ってみましょう。「気力の低下」と思われていた症状から急に起床できなくなってしまう事さえあるため、進行を防ぐ事が大切です。

自分で出来る事

鬱症状の軽減には薬を用いるのが一般的ですが、自分自身の力で症状を軽減させる事も可能です。もしも外に出るのが億劫ではない場合、定期的に野外の空気を吸ってリフレッシュしたり、森林浴を楽しんでみましょう。精神的に癒される事で鬱症状は軽減されるのです。他にも鬱病によって発生する疲労感などを克服する場合、鍼灸に通ったりマッサージでリフレッシュするのも良いでしょう。こうした場所に足を運べば身体の疲れがとれるだけでなく心もリフレッシュします。一方誰かと関わる事に対して恐怖心がある場合、動物を飼うのも良いでしょう。ペットは鬱病治療の現場で使用される事があるほど人間の精神を励ます存在です。特に自分を責めるような幻聴が聞こえる方は、ペットの存在によって自分を死から生に繋ぎ止められる事もあるのです。家族や友人から治療の援助を得られない場合考えてみましょう。もちろん自分がペットの世話をできる状態か判断する事は大切です。自ら鬱病の症状を軽減するためにとれる手段は多様にありますが、状態に応じて選択する事が大切です。